釣れないほうが多いような釣りの話と 小さな家庭菜園のことを中心に 色々なことを紹介していきます
[1460]  [1459]  [1458]  [1457]  [1456]  [1455]  [1454]  [1453]  [1452]  [1451]  [1450
私が戦った第7ブロックは宝永丸の担当で先ずは志々岐崎から上礁が始まりました。

第一試合は東九州支部の田崎選手と対戦です、場所は御下でした。









此処にはグレはたくさん居ましたが、手の平クラスのオンパレードでキープサイズを釣り上げるのは至難の技でした。

最終的に二人とも数匹ずつをキープしましたが、田崎選手が一匹キープとなり私のは全て数ミリ足りなくノーキープとなり一回戦は敗退でした。

第2試合は高島の松ヶ崎の横です。

正面に尾上島が見えるところでした。







ここでは筑豊支部の福田選手と対戦です。

ここは御下とはうって変わってグレの活性が低く、釣っても釣ってもベラばかりで対戦者の竿が曲がるたびに焦ってしまいます。

釣座交代の少し前にアタリが有りまたベラかと雑に遣り取りしていましたが、ベラとは違った底を這うような走りで浮いてきたのは紛れもなきグレでした。

結局この場所ではこのグレ1匹だけで何とか一勝を拾いました。

第3試合は中ノ島のブルースでした。

この場所は夜釣りで何度か上がったことはありますが昼釣りでは初めてでした。

このブルースは中ノ島の宮之浦港のすぐ目の前にあり、表の外海側の影響で複雑な潮流れになることが多くポイントを絞りにくい場所です。


対戦時は干潮前で潮が下がり目の前に大きなシモリが顔を出していました。

ここで対戦したのが長崎県南支部の山本選手で準優勝をされました。

ここでの最初の獲物はチヌで次に掛けた魚も最初はチヌのように竿を叩いていましたが浮かせて見るとなんと30cmオーバーのグレでした、しかし目の前のシモリの向こう側に浮いてきたのでもぐられる前に強引にシモリの上に引き上げ、手前の水面に落として何とかタモ入れ成功しました。

すぐにもう一匹掛けましたが底の割れに入り込み張り付かれてしまったので、交代の時間もせまっていたのでハリスを切りました。

交代してからはバリを釣っただけで時間もなくなり今年の私のWFGも終りました。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
大会、お疲れさまでした。
上位に入れなかったのは残念でしょうが、良い天気でクロとチヌの顔を見ることができたので、釣りとしては良かったのではないでしょうか。
悪食釣り師 URL 2012/06/05(Tue)21:33:56 編集
無題
はやり技術の無さを痛感しました。
nori-G 2012/06/06(Wed)09:36:08 編集
<< 棚田 HOME WFG大会結果 >>
Welcome
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 6 7
9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
天気予報
潮汐
家主の仕事部屋
最新CM
[05/18 nori G]
[05/18 への河童]
[10/23 nori G]
[10/23 への河童]
[05/11 nori G]
最新TB
最新記事
最古記事
(07/30)
(08/02)
(08/05)
(08/12)
(08/15)
バーコード
ブログ内検索