釣れないほうが多いような釣りの話と 小さな家庭菜園のことを中心に 色々なことを紹介していきます
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
年末からタイミングが悪く、なかなか釣りに行けませんでしたがやっと行ってきました。


船は功明丸で6時の便があると云う事で、5時前に駐車場に着くとやはり満杯で上がれる瀬があ

るのかなと心配になりました。



出港前に船長と話をしたら、沖は満員だそうで半島側の地方に行こうと云う事になり、横島を過

ぎたあたりで一人降ろして、次にコムロで一人降ろし、次に私ですがムロバエが空いていたので

一人で上がることになりました、こんな広い瀬に一人とは何と贅沢な話です。



最初の釣り座は海に向って左の少し低い平坦な場所です。








7日は朝の10時45分が満潮なのでこの場所は早めに切り上げて、次は真ん中のこの場所から

です。








このムロバエは、ワンドとワンドの中央の突端にあり人気のある瀬ですが、年末からの冷え込み

で海水温が急に下がり厳しい喰い渋りを見せていて、エサ取りさえも釣れない状態でした。



何とか上げ潮の内に30㎝オーバーを1匹釣り上げ、かなり時間が経ってから大きなカワハギを

釣り上げて、又沈黙の海に逆戻りでした。



いつもの事ながらさびしい釣果です。









来週も平日に休みを取っているのでそれまでに状況が良くなってくれればいいのですが?








やっと行けます。








今回はVー11を使って見ることにしました。






昨日は最初に湾口の三角と言う瀬に上がりましたが、ここが恐ろしく足場の悪い所でそれでも定員

は2名と云う事で、延期になったG杯の米水津Ⅰでは功明丸の船内1位が出た場所だとかでここに降

ろされてしまいました。



年齢を重ね足腰の弱くなった私には忍耐の時間でした。


もちろんここでは釣果は無しでした、9時過ぎに見回りに来たのですかさず瀬替わりを希望して、沖

の黒島のケーサツバエに降ろしてもらいました。



この瀬は、地の作バエと、東のサラシの中間にあり、私にとっては相性のいい釣り場の一つです。


昨日はクロは2匹でしたが、一度だけすごいアタリがあり何度か糸を出してしまい針が外れてばらし

てしまいました、おそらく尾長だと思いますが、真鯛の大型かもしれません。









検量は3匹重量でしたが3匹揃えたのは、去年のG杯の覇者の中司君だけで優勝は持って行かれま

した、私も一応検量には出しまして何と準優勝になりました。



貰った賞品です、こんなに頂けました。









これで大会は当分ありません、暫くはゆっくりと釣りが出来ます。




今日は釣研FGのクロ釣選手権大会の日でしたが、宮崎県の延岡での開催でしたので、一人での釣行

は大変なので大分県南で開催のGFGの北九州支部の釣大会に参加しました。



米水津は今日はキザクラの大会も開催されており、朝、6時からの出港になり又しても、目論見が外

れました。


それで  上がった瀬は湾口のサザエの横の三角です、ですがこの三角は足場が悪いでは収まらず、

足場   が無いでした。


そこで、ボチボチここで釣りながら、瀬替りを待つことにしました。


9:30に船が来て相性のいいケイサツバエに替りました。


船長は逆潮で釣れないと言ってましたが、この瀬の攻略は私のやり方は、








流れにもよりますが、赤丸から仕掛けを流し始め、緑のあたりで喰わせるイメージでいいのではな

いかと思います。




そんな釣り方で釣れたのがこれだけです。








この他にもブダイや、フエフキなどよく釣れました。









その後  同サイズを釣り上げ、







満潮の潮止まりになったので12時過ぎにやめました。




先ずは1匹目です。

44㎝ありました。


その後も続けて竿引きでアタリがあり、42cmと小さなキビレを追加して、昼までで終了しました。









都合3匹の釣果でした、この場所での釣果としては満足できるものです。


2週続けての台風で2つの大会がダメになりストレスが溜まっていたので、気分転換になりました。







やはり延期になりました。







11月4日は休みを取っていましたが、会社からの要請で出勤になりました、週間予報では天気は良さそうなのでOKしましたが間違いでした。


よって今年も参加出来なくなりました。


平戸方面の海況が良ければ青物でもと、思っていますが。









10月28日の天気は、今のところ良さそうですが、









遥か南にある、低気圧が台風に変わりそうです。









それも28日には九州の南岸まで接近しそうです 、G杯米水津は毎年天気に恵まれないような気がします。



予備日の11月4日は休みを取っていたんですが、何とか出てくれと云うので出勤になりました、せっかく参加できると思っていたのに・・・・。





午前2時の受け付けを済ませ、米水津へ、暫しの仮眠後組合の取り決めで5時に功明丸で出港し、連れて行かれたのは半島側の、カイドクの中でした。









夜明け前後には雨も小康状態になり、夜が明ける前にと急いで準備を済ませ釣りを始めましたが、釣れたのはアラカブだけでした。


昼の仕掛けに替え暫くして30㎝程度のクロが釣れ、俄然やる気が出ますが全く後が続きません。


諦めかけた頃に竿引きでアタリがあり、良く走り回りなんだろうと思っていたらシマアジの子でした、何とか塩焼きにはなりそうなので持ち帰りです。


その後は何も釣れなくなり(コガネスズメダイは良く釣れましたが)1時間前には道具を片付けて、迎えが来るまで傘をさして仮眠です。


会場に帰り検量の時間ですが、雨が降っているため橋の下での検量です。









結果、各魚種の優勝はこの方たちです。









右から、石鯛、クロ、チヌ、キス、他魚、の優勝者です。


久しぶりのGFG九州本部の大会でした、検量には出せませんでしたが楽しめました。


最後に私のさみしい釣果です。









今日計ったらクロは34㎝ありました。








その後、小さいメイタを追加して2匹の釣果でした。








最後にチヌで締めくくりたかったのですが、残念ながらこいつでした。









でも、久しぶりの釣果で満足しました。






性懲りもなく、いつもの洞海湾でチヌ釣りを楽しんでいます。


久しぶりにチヌの感触を味わいました。








まだ、一匹ですが43㎝ありました。


もう少し頑張ります。








今日はGFG北九州支部の釣大会です。


まだ暑いですが、空は秋の空です。










先ほど、アタリがありましたがボラかもしれません。





昨日は雲も多く快適な釣りが出来ると思っていましたが、外海に出て見ると結構な波で、

走ってる時はそうでもなかったんですが、アンカーを入れると揺れるは揺れるはで今日は持つかな

あと思っていましたが、何とか持ちました。


只  イカの方は、乗りや層が安定せず数を伸ばせませんでした。

したがって数は前回よりだいぶ少なく、36杯に終わりました。








昨日は何杯かはかなとフグにやられましたが、8月に入るとかなとフグも多くなり喰われてイカが足だけになったりしてきます。


又  型も小さくなり、面白味に欠けてきます。


もう一度行くかどうか、考えています。









10時前から良く乗って来て、11時30分には止めましたが、入れ掛りの状態で疲れました。








都合、大台には届きませんでしたが、55杯の釣果でした。


右の中央は沖漬けです。







Welcome
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
2 4 5
7 9 11 13
14 15 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
天気予報
潮汐
家主の仕事部屋
最新CM
[05/18 nori G]
[05/18 への河童]
[10/23 nori G]
[10/23 への河童]
[05/11 nori G]
最新TB
最新記事
最古記事
(07/30)
(08/02)
(08/05)
(08/12)
(08/15)
バーコード
ブログ内検索