釣れないほうが多いような釣りの話と 小さな家庭菜園のことを中心に 色々なことを紹介していきます
[2667]  [2666]  [2665]  [2664]  [2663]  [2662]  [2661]  [2660]  [2659]  [2658]  [2657
昨日は、私が所属する釣研FG北九州支部と、大分県の東九州支部の友好を深める懇親釣り大会が行われました。


場所は大分県の米水津でしたが何と釣り人の多いことか、午前3時の港では満員の瀬渡し船が次々と出て行きます。


そんな中、私たちの大会の渡船は午前5時の出船です、一般的には午前5時はかなり早い時間ですが、シーズン、インの釣り場のそれも日曜日となれば、いい場所を確保するために前日の夜から瀬に上がる釣り人も居るほどです。


選手を乗せて出港し少し走ると湾内でさえもキャップライトの光がピカピカと、満員であることを知らせてくれます。


船は横島方面へ走りますが、主だった所は空いている筈もなく地磯の空いたところから降ろして行き、私たちは観音崎からぐるっとワンドの奥まで行き、間越海水浴場の目の前の無名の磯に降ろされました。









沖向きには横島が薄く見えます。










ウキの浮力を替え、ウキを浮かせたり、沈めながら釣ったり、全遊動や半遊動にして釣ってみましたがとうとう一度のアタリもなく時間が来てしまいました。


ここで釣りをしている時にひとつびっくりしたことが有りました、いつの間にかおじさんが一人釣りをしていたんです。









何と奥の海水浴場から歩いてきたようです。


その上何と30㎝ほどのクロを1匹釣り上げて昼には帰って行きました。








足場の悪い岩場を伝い歩き上の茂みへ消えて行きました。




帰港後の写真はスタッフをしていた為撮る暇がありませんでした。


今回は悔しい思いをしたので年内にもう一度行きたいですね。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< にっこり HOME アロエの花 >>
Welcome
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
8 10 11 12 13
16 18 19 20
21 22 24 25 26 27
29 30 31
天気予報
潮汐
家主の仕事部屋
最新CM
[05/18 nori G]
[05/18 への河童]
[10/23 nori G]
[10/23 への河童]
[05/11 nori G]
最新TB
最新記事
(05/28)
(05/23)
(05/17)
(05/15)
(05/14)
最古記事
(07/30)
(08/02)
(08/05)
(08/12)
(08/15)
バーコード
ブログ内検索