釣れないほうが多いような釣りの話と 小さな家庭菜園のことを中心に 色々なことを紹介していきます
[1633]  [1632]  [1631]  [1630]  [1629]  [1628]  [1627]  [1626]  [1625]  [1624]  [1623
昨日は携帯で記事を投稿したつもりが忘れていました。

最近は釣れだした様なので平日でも釣り人は多いだろうと、船は午前3時の一番便を予約しました。

平日は午前3時に一斉に出航して、他船の様子を見ながら思い思いのエリアへ向けて加速して行きます。

私の乗った功明丸は沖黒(沖の黒島)方面へ全速で走り出しました、それでも主だった瀬は泊り組を含めて満員状態で、ここで数名降ろして船は地黒(地の黒島)へと向かいました。


この地黒一帯も最近は好調なようで、私はシタノハナに上がりました。

上礁後すぐに夜釣りの準備を済ませますが、西からの風が強く暫く風の当たらないところで休んでいましたが、5時から釣り始めても魚からの便りはなく30分ほどで夜釣りはあきらめました。


6時を過ぎるとうっすらと明るくなり始め昼釣りの準備を始めます。


竿は1,25号   リールはトーナメントISOの2500番  道糸はサンラインのテクニシャン1,5号
 
ハリスはブラックストリーム1,75号   ハリはがまかつの層グレ6号から始めます。


相変わらず西の風が真横から激しく吹き付けてきますが、少し風が緩んだすきに仕掛けを投げうまく仕掛けが馴染んだ時にヤズが喰ってきました。


次はウキを沈めながら仕掛けを流していると小さく糸が走ったので合わせてみたら、重量感のある底走りをするのでクロと確信して少し強引にやり取りして浮いた魚は紛れもない大きなクロでした。


磯の上で測った時は45㎝を少し超えていましたが、今日測りなおしたに44㎝に縮んでいました。








このあと35㎝を追加して、次第に強くなる風に辟易していた時に功明丸の船頭さんから瀬変わりの提案を受けたので替わることにしました。

この場所にはまだクロが居る感触を受けていたので残念ですがこの強風では仕方ありません。




続きは沖黒編です。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Welcome
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5
8 10 11 12 13
16 18 19 20
21 22 24 25 26 27
29 30 31
天気予報
潮汐
家主の仕事部屋
最新CM
[05/18 nori G]
[05/18 への河童]
[10/23 nori G]
[10/23 への河童]
[05/11 nori G]
最新TB
最新記事
(05/28)
(05/23)
(05/17)
(05/15)
(05/14)
最古記事
(07/30)
(08/02)
(08/05)
(08/12)
(08/15)
バーコード
ブログ内検索