釣れないほうが多いような釣りの話と 小さな家庭菜園のことを中心に 色々なことを紹介していきます
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
一日の鶴見では、四国の高知から容山会の4人と福岡グレ競友会とその仲間の方たちに誘っていた

だき、13人で鶴見大島の学校下の切れ波止に上がってワイワイと試合形式で釣りを楽しみまし

た。



最初は小型のクロばかりでしたが、満潮から下げ潮に替わったあたりから方も良くなりだして、

30㎝超えも釣れ出す中この日一番の魚信を捉えたのは紅一点のみどりちゃんでした、しかし

この魚はかなりの大型のようでしたが残念ながらケーソンに潜り込まれ涙のバラシでした。



ただ このまま終わる彼女ではありません何か持っています。


すぐに次の魚信を捉え、これも良い型のようですが今度は格闘の末取り込み成功です。




 




どこに行っても良く釣っているようで侮れない存在です。








40㎝超えの立派なサイズです。








このクロがこの日一番でした。






マルキューのM-1カップは27日までに連絡がなかったので諦めていたのに。







7月1日が海況が悪く米水津 の渡船は船止めになったようで、7月15日に延期になってキャンセルが多く出たそうで、繰り上げで当選となりました。


よかったけど、暑そうですね。






鶴見大島の学校下の切れ波止に、福岡グレ競友会の人達と13人で来ています。








昼まではグループに分かれて大会形式で釣ります。





明日は鶴見に行く予定ですが、一日中雨の予報、風はどうなのか?


準備は出来ています。









雨は仕方ないけど、風は嫌ですね~




昨日アップしたつもりで忘れていました。







昼過ぎに同サイズを1匹追加して、それからは釣り座の前にゴミが溜まり出し撒き餌も無くなったので、15:00に納竿しました。





前回は竿を折り、撒き餌がいっぱい余ったので今日もやって来ました。


今日は13:00頃が干潮なので下げ6分くらいからの釣りです。


干潮前になり昼飯でもと思っていたところに、根掛かりのようなウキの沈み方をしたので一応合わせを入れてみたら、魚の反応です。


ボラだと思いましたがなんだか違うような、少し浮かせて魚がヒラを打った時にチヌだと確認できました。






元気の良い45㎝のチヌでした。




今日は午後3時頃が満潮なので、ゆっくりと出発しました。


場所はいつもの洞海湾です。


釣果は昼までに40オーバー2匹です。








今からですが、
訳あって今日は納竿です。





残念ながら抽選に漏れました。








キャンセル待ちNo.は18です。


まぁ  無理そうですね。




千畳敷は早々と諦めて瀬替わりを敢行し、向ったのは湾口の押手の大バエです。


良さそうな感じでしたが、やはりうねりが大きく瀬際には降りられず、高い所からの竿出ししか出来ませんでした。


その上サラシがきつくて仕掛けを持って行ってしまうので、クロが喰いかけたエサを離しているようでした。


ここでは30㎝弱の尾長の子を1匹キープしただけです。



その他にココで遊んでくれたのはこの子たちでした。














そんな状況の中ひとつだけ良いことが有りました、それはゆっくりと昼寝が出来たことです、帰りの運転が楽になりました。



今日は米水津にクロ釣りに来ています。


やはり釣れてないようです、渡船の駐車場も磯もガラガラです。



朝一番から千畳敷の高場の方に上がっています、しかし足裏サイズが2匹釣れただけでさっぱりです。









もうすぐ見回りに来るので瀬替わりを考えていますが、段々ウネリが大きくなってきているので上がれる瀬があるのかどうか?





釣り始めてすぐにアタリがあり、30㎝半ばのメイタが釣れ気分良く釣りを続けていると又アタリです。


今度は少し大きそうです、手前の沈み瀬を交わし取り込んだのは、引きの強さほどでもなく、それでも何とかチヌと呼べる42㎝の紛れもないチヌでした。









タモに比べて小さく見えますが、このタモ枠は50㎝あります。


鈎も良い所に掛かっていました。









この後は手の平サイズのヘダイが数匹釣れ、潮が満ちに変わったとたんに喰わなくなり、2時に撒き餌も無くなり納竿としました。





かなり久しぶりの遠賀川河口です。

いつもの遊歩道です。


昨日は強風の中、又魚からの反応の悪い最悪の条件の中、厳しい釣りとなりました。


坂ノ市の一文字は今回で3回目ですが全てボーズを喰らっています。


今回は特に悪く45名の参加で、チヌを検量に出したのはわずか9名の方だけでした。


検量風景を撮りたかったのですが、撮れたのはこれ1枚でこれが最後の検量でした。









検量は2匹の質量で行われましたが、2匹検量したのは9名中2名でした、ただ 優勝は1匹の検量の東九州支部の方で49.5㎝で2.410gありました。










次回は熊本支部が担当になるようですが今度こそ入賞するように頑張らねばです。




今日は釣研FG北九州支部、東九州支部、熊本支部合同釣り大会です。








大分県の坂ノ市の縦一文字で45名全員で並んで竿を出しています。


まだ殆どの人が釣果が無いようです。


天気は良いのですが風が凄く強いです。





いつもの洞海湾でチヌ釣りです。


1時間ほど満ち潮が残っています。


潮は右から左、風も右から左で、手前が浅いので風の影響もあり手前が速く流れています、道糸が先
行してウキを手前に引っ張るので釣りにくい状況です。



満潮から下げに変わると潮や風の方向は変わりませんが、少しゆっくりになりいい感じになってきた時に、いつものヒットポイントでウキがゆっくり沈んで行きやっとヒットです。


元気のいいチヌで40オーバーを思わせるような引きで、上がってきたのは38㎝のきびれでした。








この後も餌取りなども活性が上がり、いい雰囲気になってきましたが撒き餌もなくなりここで終わりです。


次の土曜日はGFG北九州支部の大会ですので下見がてら来て見ましたが問題は型ですね。













Welcome
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 3 5 7
12 13
15 17 18 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
天気予報
潮汐
家主の仕事部屋
最新TB
最新記事
最古記事
(07/30)
(08/02)
(08/05)
(08/12)
(08/15)
バーコード
ブログ内検索