釣れないほうが多いような釣りの話と 小さな家庭菜園のことを中心に 色々なことを紹介していきます
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
心配された台風も速度を落とし大会も開催の運びとなりました。


雨の方も道中は降り続いていましたが、開会式の前には雨も上がり定刻前には受付が始まり、抽選の結果私は4番くじで1番船での出港でした、ゆっくりしたかったのですが仕方ありません。



場所は大分坂ノ市の全長2.7㎞の横一文字ですここに150名弱の参加者全員で上がります。









ゆっくりと準備を済ませ釣り開始の頃にはすっかり夜も明けて、空にはこんな虹も出て薄日が差すまでの天気になりました。









私は内側で竿出しです、ここは基本的に横流れで時々強い2枚潮になり、私はこれを攻略できずに釣果なしに終わりました。



港に帰ってからは集計の間にゲストの久保野孝太郎さんとエイジア生みの親の猪熊さんのトークで盛り上がりました。










入賞者はこの方たちです。









久しぶりに楽しい釣りの一日になりました。






約3か月ぶりのフカセ釣りです。


場所はいつもの洞海湾です。









今日はサバ子はもう居ませんでしたがこんな奴や










こいつらも今日は元気に跳ね回っていました。










3か月も撒き餌が入ってないので本命は釣れませんでしたが、このサイズが少々










また餌付けをしないといけません。






今日は釣研FGの定時総会に来ています。


今年は北九州市小倉北区のKMMビルでの開催です。









もうすぐ開催です。





申し込み完了しました。










6月の釣研FG支部対抗の釣り大会では全くいい所が無かったのでリベンジも兼ねて応募しました。



前回に続き又しても貧果でした。


7時30分から12時までの釣りでしたが、10時までは小型のイカが4杯の釣果で今日は一桁で終わりかと落ち込んでいました。


しかし10時を過ぎると大型のイカがスッテを抱くようになりました。


今がチャンスと追い込みを掛けますが今度は最初にカナトフグからおもりを取られ、次は5本付けていたスッテの3本目の上からハリスを切られ2本スッテで行く羽目になりました。



スッテの予備は持って行ってましたがハリスは家に置いて来ていたのです、と云うのも今まで一度も仕掛けを切られたことが無かったので今度も大丈夫だろうと思い置いてきたのです。



それでも何とかイカの泳層を探りながら釣果を重ねて行きましたが前回の釣果にはわずかに届きませんでした。


まだもやもやした気持ちが残ってますので次は秋のブドウイカに挑戦です。


そんな訳で今回の釣果です。









この他に沖漬けにしたイカが有ります。





先ほどイカ釣りの船頭さんからTelが有り、今日は船が出ますけど行きますかと連絡があったので即行きますと返事をしました。


道具の準備は済ませていたので車に積み込むだけです。


クーラーには100均で買ったトレーにステンレスの棒を通してイカが潰れない様にしています。









仕掛けもスナップで取り付けるだけにしています。










最近は竿と電動リールで釣る人が大半ですが私は手釣り派です。



籠は釣り上げたイカを入れておいて仕掛けを入れてからクーラーに移します。


手袋は土木なんかで使うものでこれがラインを手繰り上げる時に滑らないので今年から使っています。









最後にこれが一番大事なもので沖漬けのタレです。










昨日釣って来たイカを刺身で頂いています。









あるブログでさしみ醤油と生姜で食べるとうまいとあったのでやって見たところなかなかいけました。

刺身の切り方も私は薄切りの方が好きです。






きれいな夕焼けを見て期待も高鳴りますが、









穏やかな海況とは裏腹に今ひとつイカの活性が上がりません。


そしてイカの乗りも悪く触手の先だけがスッテに付いて上がってくることが何度もありました。


そんな訳で今回の釣果は30杯と振いませんでした。










目標として3桁を目指していたので結果には不満なので今月の最後の週にもう一回挑戦します。





昨日午後5時出船のはずが、波が高くなってきたので中止となり準備万端整っていたのに残念です。









仕方ないので先日の余った撒き餌を解凍して洞海湾へチヌ釣りに行ってきました。


今日は下げ潮の丁度いい時間帯でしたが一投目から勢いよくウキを消し込むのはこいつでした。









サバ子です。



今まではエサ取り殆んど居ない良い釣り場でしたが、いつまでこのサバ子が居座っているのか?




今日もいつもの遠賀川河口の遊歩道です。


今日は遠賀川に架かるなみかけ大橋からの釣り場の写真です。











全景です、上にあるのが国民宿舎マリンテラス芦屋です。



釣り座は









一番出っ張ったテトラから20~30m遠投して釣ります。



今日も満潮前から下げ潮を釣ります、私の経験からですと下げの1~3分くらいと、7分から下げ一杯が良く釣れています。



今日の満潮が午前11時前なので10時から釣り初めて昼の音楽が流れた後に、予定通り1匹目が釣れました。



それから暫くしてから2匹目も釣れすべて予定通りに進んでいます。



しかしその後風向きが前方からに変わり撒き餌も飛びが悪くなり、道糸も穂先に絡む事がが多くなったので穂先を折る前に、そして昼飯を用意するのを忘れたのでここで納竿することにしました。









今日の釣果は47㎝と45㎝の2匹でした。







朝から雨は上がりもう降りそうになかったので遠賀川河口の遊歩道に行きました。









こないだはかなりの大物をばらして、まだ誰かが釣り上げたという話は聞いてないので少し期待しています。



しかし 最初に釣れたのは30㎝のメイタです。








少し間をおいて釣れたのは少し型が良くなって35㎝でした。









その後は型が良くなると思いきや又30㎝に戻りました、もう1匹追加して底根の上を流していたら根掛りをしてウキから先を流してしまい、もうそろそろ手前の岩が顔を出してくる頃なのでここで納竿にしました。






今日はハム作りの後片付けも後回しにしてチヌ釣りに行ってきました。


満潮からの下げ潮狙いです、が 大潮と云うのに潮がほとんど動いていません。


そして東からの横風が上潮だけを滑らせて、仕掛けが撒き餌からずれているようです。



2時間ほどすると潮がうまく動いて先ずは足裏サイズのキビレが釣れました、










次はすぐ後に元気の良い引きで40オーバーを予想しましたが少し足りず37㎝のメイタでした。









この後はまた潮が止まってしまい撒き餌も無くなってしまったので納竿としました。




昨日の釣りでは手の平サイズの後に30㎝ほどのメイタが釣れましたが、大型のチヌは来てくれませんでした。








ここ10日の間に48㎝、47cmと釣れましたが、なぜ昨日に限って来てくれなかったのでしょう?


大会になると釣れない悪い連鎖が続いています。



とりあえず47㎝を釣りました。



 




今日も釣り始めてすぐに喰って来ました。


この後すぐにブログにアップして次の一投にも今度は38㎝が喰って来ました。


その後は潮が止まりアタリは無くなりまして暫くするとこんなものが喰って来ました。




 




それからもアタリは無く腹が減って来たので午後1時にやめました、と云う事で今日も2匹の釣果でした。











今日は病院の日だったので朝一番から行って来ました。


いつも通りに10時前には終わりいつもの調剤薬局で薬を貰い家に帰りつくと11時です。


それから速攻で準備をして前回の残りの撒き餌を持ち最近攻めている洞海湾へと向かいました。


すぐに釣り始めると30分もしないうちに1匹目が釣れ、48㎝をストリンガーにつなぎ2匹目を狙いますが何とここで3回続けざまに高切れでウキをロストしてしまいました。


まぁ そこに何かあるのが分かったから良しとします、最初のチヌも次に釣れた41㎝のチヌもその障害物の近くで釣れたので忘れないようにしないといけません。


その後干潮になりアタリも遠のいたのでここで納竿です。











Welcome
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5
8 9 10 12
13 14 15 16 17 18
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
天気予報
潮汐
家主の仕事部屋
最新TB
最古記事
(07/30)
(08/02)
(08/05)
(08/12)
(08/15)
バーコード
ブログ内検索