釣れないほうが多いような釣りの話と 小さな家庭菜園のことを中心に 色々なことを紹介していきます
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
今日の釣りは米水津の沖の黒島の灯台下でした。


2投目から30越えのクロが食ってきて、今日はもしかしたらと甘い期待をしましたがそうは甘くはありませんでした。


この日は朝7時の出船で久々に見る、磯からのきれいな朝日に期待いっぱいでしたが、又しても惨敗でした。









昨日は朝から、釣り座前を大きなサラシが横切り仕掛けを持って行き、撒き餌との同調がままならず、サラシが収まった隙にポツポツと拾っていく釣りになりました。



それでも、型が今ひとつで持ち帰りは3匹という貧果に終わりました。









今シーズンはまだ40オーバーを釣ってなく、このままシーズンが終わってしまうのではと心配しています。











やっと風邪も治ったので久しぶりに米水津に行ってきます。









娘が年末の誕生日にくれた久保田の千壽をささ身の燻製とおせちの残りものでチビチビやっています。















あけましておめでとうございます



今年こそ、釣りに、ブログに全力で行けるように頑張りたく思っています。









この 年末の忙しい時に風邪をひいてしまい、パソコンに向かう気力もなくだらりとして居りました。



出来れば年内にもう一度釣りに行きたかったのですが、残念ながら諦めざるを得ませんでした。



そんな訳で比較的体調の良かった昨日と今日で、ウインナーを作りました。



先ずは 豚のモモを1㎏と、背脂が欲しかったのですが急に行っても無いらしく、代用品としてバラ肉の脂の多い所を200gをミンチにして、スパイスと一緒に混ぜて行きます。









良く混ざった所で数回に分けて、フードプロセッサーでペースト状になるまで混ぜて行きます、ペースト状になることをエマルジョンカと言います。


ただ この工程は温度管理がたいへんシビアで、容器はもちろんフードプロセッサーも、肉も温度が上がらないように冷蔵庫で冷やし、混ぜる時も砕いた氷と水を加えながら混ぜて行きます。




次は羊の腸に肉を詰めていきます。










この 使っている腸は2mあります。


詰め終わったら太さを整えて適当な長さに捻って行きます、この作業をリンキングと云います。









次は燻製器で30分ほど低温で乾燥させます、続けてて温度を60℃に上げて1時間、燻煙を掛けます。



終わったらすぐに70℃のお湯で1時間ボイルです。








これが終われば冷水で急冷して終わりです。


あとは味の確認だけです。













準備が出来ました。


今日は早めに寝て朝4時に出発です。











最近肩こりが酷いので買ってみました。









本当は肩こりの原因を突き止めるのが先なんですが・・・・。




埼玉の弟からの季節の定期便です。








大き過ぎて5個しか入らないようです。


普通のリンゴと比べてもこの大きさです。





 




大きな物で1kgを超えるそうです。


この一個、かみさんと二人では一度には食べきれません。










今日は地黒のハナレに上がりました。


下げ潮に替わってからは良く喰って来ましたが、型が今ひとつでした。



大きなものでも35センチです。














今から功明丸で磯に向かいます。







クロ、チヌ用に新しく揃えました。










ジュラルミンの40㎝枠です。




今日 届きました。

次のスモークの為の道具です。







乾燥した羊の腸と、その腸に材料のミンチを詰めるウインナーメーカーです。

年内には、と思っています。









馴染みの釣具屋に行った帰りに寄ってみました。









天気は良いのですが風が強く海は時化ていました。


それでもすぐ横の漁港では一人だけ釣りをしていました。











昨日は約一年ぶりくらいの米水津での釣りでした。


釣研FG北九州支部、東九州支部、そして今回は台湾から台湾支部の方も参加しての大会です。


今回は北九州支部の担当なので私も受付を担当し他の参加者の方が終わってからくじを引いた結果、功明丸の1番を引き当てました。


この後、私のたどたどしい競技説明で皆さん理解できたか不安でしたが、開会式も無事終わりいよいよ出船です、功明丸は横島方面へ走り最初に着けた瀬は横島5番のハナレでした。









一緒に瀬上がりしたのは台湾の、莊 育偉さんです。



少し動き回ると汗をかくほどの風もない穏やかな夜明けでした。


釣り始めて暫くしてから待望のアタリで34㎝をキープです、今日は行けるかもと思いながら続けますが後が続きません。









私的には米水津は下げの潮の方が魚の喰いは良いように思いますが、この日はほゞ上げ潮を釣ることになります。


結局ここでは追加することが出来ずに船が来た時に瀬替わりをする事になりますが、言葉の通じない私たち二人は身振り手振りで辛うじて意思の疎通を図り、次に上がったのはワニの3番です。


ここも状況は変わらず、潮が満潮から下げに替わり始める頃にタイムアップです。


この日の釣果は1匹に終わりましたが、久しぶりの米水津の磯で釣りが出来たことで気分がリフレッシュできたのは一番の収穫です。




 




参加の皆さんお疲れ様でした。











今日は朝から燻煙器に張り付いていました。


朝からは鶏のささみの燻煙で5時間、その後卵の燻煙で3時間。



ささみは最高で60度までですが、卵は80から90度まで上げないといけません。



熱源は1200Wの電熱器でやっていますが、燻製器が大きすぎるのか60度までしか上がりませんでした、そこでスモークウッドを2本に増やし、さらに木炭も追加してようやく80度まで上がりました。


結局卵を燻煙する時間が少なくなってしまいました。









次からは上手くいくでしょう。





<< 前のページ 次のページ >>
Welcome
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
6 7 8 9 10
12 13 14 16
19 20 21 23 24
26 27 28 29 30
天気予報
潮汐
家主の仕事部屋
最新CM
[05/18 nori G]
[05/18 への河童]
[10/23 nori G]
[10/23 への河童]
[05/11 nori G]
最新TB
最新記事
(06/25)
(06/22)
(06/18)
(06/17)
(06/15)
最古記事
(07/30)
(08/02)
(08/05)
(08/12)
(08/15)
バーコード
ブログ内検索